改めて育毛や発毛方法見直すことで新たな薄毛対策が見えてくる

私の朝は布団や枕の抜け毛の本数をカウントすることから始まっています。抜け毛が多くなった現在、この行動が習慣になっています。抜け毛が増えた時はすぐに元通りになると思い込んでいましたが、元通りにならないので焦って育毛剤に手を出しました。育毛剤を使用すれば抜け毛の悩みは解消できると考えていました。ところが、育毛剤を使用してからも抜け毛の本数は増えるばかりだったので、かなり厳しい状況になっているとわかりました。

 

その後、価格の高い育毛剤を試したり、発毛剤にもチャレンジしました。

 

しかし、全て効果を実感できなかったため、抜け毛を減らすことはできないと諦めてしまい、育毛剤や発毛剤の使用を止めてしまったのです。抜け毛や薄毛を受け入れる人生を送るつもりでいましたが、抜け毛の本数が増加することや鏡で薄毛の自分を見て悲しい気持ちになったので、諦めるくらいならチャレンジし続けた方が希望はあるという考え方になり、育毛や発毛に改めて取り組むことを決めました。

 

育毛剤や発毛剤の効果を実感できなかった理由の1つに、中途半端に使用を止めてしまったことがあります。効果が出るまでに時間が掛かるのは頭ではわかっていましたが、抜け毛が減らない状況を目の当たりにすると自分に合っていないと思い込んでいました。そのため、まずは最低でも半年は使い続けることにしました。また、育毛剤や発毛剤だけが髪に良い行動ではありません。髪に良い行動として十分な睡眠時間の確保があります。

 

自身の睡眠について振り返ってみると、日付が変わってから就寝するのがほとんどでした。日付が変わる前に就寝したい気持ちはありましたが、つい夜更かしをしていました。そこで、髪が育つ時間をより確保するために今は日付が変わる前に就寝する機会が増えています。現状は抜け毛が減った実感はありませんが、しばらくはこの生活を続けます。

 

色々な方法を実践し、どうしても効果がなかった時は薄毛治療を検討しています。薬を飲む形の治療を受けることになりそうですが、できれば薄毛治療は受けたくありません。薬を飲むことによって何らかの副作用が出てしまう可能性があるからです。安全だとは思いますが、薬を飲む以上は髪以外の部分で変化が出るのはおかしいことではないと考えています。しかし、服薬は育毛剤や発毛剤よりも効果に期待できるイメージがあります。そのため、薄毛治療はどうしてもという状況で受ける予定です。

育毛・発毛のために、毎日コツコツ

育毛や発毛にはいくつも方法があります。シャンプー、ヘアケア商品の活用、通院などなど、巷にはたくさんの手段が溢れています。専門家に任せて、どっぷりお願いするのは最終手段にするとして、今回は日々のケアについてご紹介します。

 

まず、シャンプーです。育毛・発毛を促すとされるシャンプー類もたくさんあります。それを使用し、シャンプーするのはいいですが、使用方法をしっかり把握することも重要になります。ただ使えば……というものでもなく、正しく使うことも大切なので、しっかり使用法を確認しましょう。

 

シャンプーに関してはさほど大きな使用洗髪前にしっかり頭皮を濡らします。シャンプーは頭皮の汚れや油を落とす目的がいちばん大きいので、よく泡立つように、しっかり頭皮を濡らします。油分や汚れが多いと泡立ちもよくないですが、頭皮や髪にしっかり水分がいきわたっていないと泡立ちもよくないでしょう。それでも泡立ちがうまくいかない場合は、泡になって出てくるタイプのシャンプーを使うのもいいでしょう。

 

シャンプーをアワアワさせて、滑りがよくなったところで、頭皮をしっかりマッサージしながら洗います。泡で頭皮の毛穴に詰まった汚れや油をかき出します。そして、マッサージでこわばって栄養分の行きにくくなった頭皮をゆるめ、血行を促します。

 

リラックスして頭への血流をよくすることでも、育毛・発毛を促せるはずです。全身へ栄養を運ぶのは主に血液なので、血流をよくすることで髪へ栄養を行きやすくします。そして、シャンプーをしっかり落とすことも重要です。しっかり洗い流しましょう。せっかく汚れや油分を浮き上がらせても、それをしっかり流さなければ洗髪した効果が薄れ、場合によってはもっと毛穴を詰まらせてしまう原因にもなります。シャンプーで頭皮の汚れ・油分を落とし、マッサージしながら血流を促して、育毛・発毛のための栄養を行きわたらせやすくします。

 

次に、睡眠も重要になってきます。成長ホルモンは寝ているときに出るといいます。起きているときに食事から摂った栄養を十分に取り込むためには、よく眠ることも重要です。睡眠時間と寝る時間をそれぞれのライフスタイルがあるので、合わせてうまくとっていくことが望ましいです。本来ならば、夜寝ることが望ましいのですが、仕事などでできない場合もあると思います。休みの日など、サイクルが乱れない程度による眠ることもこころがけてみるといいでしょう。

 

そして栄養を、食事をしっかり摂ることももちろん重要になってきます。内からの栄養とともに頭皮からの栄養も入れることもおすすめします。育毛剤や発毛促進剤などを利用もしながら、毎日コツコツと育毛・発毛を意識した生活を送ることがいいでしょう。

女性は食生活の改善で育毛ケアをしましょう

近年、男性だけでなく女性も薄毛を気にする人が多くなり、育毛や発毛ケアに興味がある方が増えています。女性の薄毛の原因は、男性とは違いホルモンバランスの変化や加齢、ストレスなどと言われています。

 

男性の場合には遺伝的要素が強いといわれています。自分の父親や祖父が「禿げている」場合には気を付けなければいけません。また、女性の場合、男性の薄毛によくみられる頭頂部から薄毛が始まる、「O型の薄毛」やおでこの生え際から薄毛が始まる「M型の薄毛」などとは違い、髪がなくなることはなく、全体的に髪の毛の量が少なくなるといった感じで、これは、男性の場合は、一度、髪の毛が抜け落ちてしまうと新しい髪が生えにくくなってしまうのですが、女性は毛穴から出る本数が減ったり、髪の毛が細くなるからです。

 

女性の薄毛はお手入れ次第で「復活」することもできるのです。薄毛を改善するためには、バランスの取れた食生活をすることが大切です。育毛に良い栄養素を含む食べ物としては、大豆や豆腐などの大豆製品や枝豆、白身魚、マグロ、鶏肉などの良質なたんぱく質の摂取です。

 

髪の成分の99%はタンパク質からできているので、これが不足すると髪の毛が細くなってきます。ですから、意識的に良質なたんぱく質を摂取することで、艶やコシがある髪に生まれ変わることができます。

 

また、亜鉛は新陳代謝を活発にし、育毛や発毛に必要不可欠な栄養素です。髪の毛を作る細胞分裂の再生を促し、キューティクルを作るのにも役立っています。納豆や牡蠣、ピーナッツや海苔、豚レバーに多く含まれています。

 

さらには、髪の毛のパサつきを抑える鉄分や抜け毛の原因となってしまう過酸化脂質の生成を抑えて女性ホルモンの分泌を抑制する働きのあるビタミンEなども有効的です。逆に育毛を妨げるものとしては、過度のアルコールです。アルコールは適度な量を摂取するには血行促進効果があるので、育毛や発毛に役立つのですが、たくさん摂取すると、肝臓がアルコールを分解するのに忙しくなり、頭皮まで必要な成分を送ることができません。

 

毎日、晩酌する機会が多い人は、ほどほどの量をたしなむとよいでしょう。ほかにも、脂っこい食事が続くと、過剰に分泌された皮脂が毛穴をふさいでしまうこともあります。そうすると毛穴が炎症を起こしてしまうこともあるので注意しましょう。まずは食事での改善を試みてみて、それでも効果がなかったら育毛サプリメント女性用育毛剤の利用を検討してみるとよいでしょう。

画像
画像
価格(送税込) 評価 容量
定期価格:12,000円(2本)
都度購入:7,400円
画像 120ml
チャップアップのおすすめポイント
「BEST育毛剤」を受賞した信頼できる育毛剤。幅広い年代から大人気!

チャップアップの公式ページはこちら

画像

画像
価格(送税込) 評価 容量
定期価格:初回5,980円
2回目以降11.664円
都度購入:16,200円
画像 120ml
BUBKA(ブブカ)おすすめポイント
32種類の様々な有効成分で効果に期待!初回は安心の全額返金保証!

ブブカの公式ページはこちら

画像

画像
価格(送税込) 評価 容量
定期価格:初回4,980円
2回目以降8,980円
都度購入:11,510円
画像 120ml
イクオスのおすすめポイント
驚きのスピードで効果を実感!リピート率97.5%の誰もが試したくなる育毛剤!

イクオスの公式ページはこちら

画像