水に濡ると髪がスカスカでボリュームが減るあなた!薄毛や抜け毛が進行しているとハゲて見えるので注意!

お風呂上がりや汗をかいたときなど、髪の毛が水に濡れるとハゲて見えることに悩んでいる人はたくさんいます。

 

今までは「別に髪の毛が濡れたくらいじゃなんとも思わないけどね」と余裕だった人も、年齢と共に髪が濡れたとき…頭皮が透けて見えたり、極端にボリュームが無いように感じられることがあるかもしれません。

 

髪の毛がペタンと寝てしまい、髪と髪の隙間から頭皮が見える…もしかすると「なんだかおでこがめちゃくちゃ広いぞ!?」と感じられることもあるかもしれませんね。

 

どうして濡れるとハゲて見える?

画像

その理由はシンプル。水に濡れると髪の毛同士がまとまりやすくなるからです。

 

髪の毛が乾いているときは、多少「うねり」があったり、適度にバラけているのでうまい具合に頭皮を隠すことができます。しかし水に濡れると「うねり」がストレートになり、頭皮が見えやすくなるんですね。

 

また水の重さもあって、髪の毛全体のボリュームが少なく見えるのもハゲて見える理由として挙げられます。

 

早めに気づいて良かった!?いち早く対策に取り組める!

髪の毛が水に濡れて「うわぁ、こんなに薄毛が進行していたのか…ショックだなぁ…」と落ち込むのは誰だってできます。もちろんそのまま諦めてしまう人だっているでしょう。

 

しかし逆に考えてみてください。言い換えれば「水に濡れていない状態なら、まだハゲは気にならないレベルにとどまっている」とならないでしょうか!

 

髪が濡れていようが、そうでなかろうがハゲている人は自覚していますし、当然周りの人達だって気づいています。まだそのレベルに達していないのなら…いち早く薄毛改善・薄毛対策に取り組めるわけです。

 

まずは何から始めるべきなのか、原因は何で、どんな対策が有効なのかを考えてみましょう!

ランキングボタン

ハゲてみえるタイミングは思っている以上に多い!?

 

残念ながら、髪の毛が濡れているときだけを警戒すれば大丈夫!とはいきません。思っている以上に色々なタイミングで「ハゲて見える!」ものです。ということでこんなときにハゲて見えるので注意!なタイミングについてまとめました。

スポーツなどで汗をかく

画像

汗は水分だけでなく、皮脂による油分や老廃物などもたっぷりと含まれています。そのため水と比べると髪の毛をまとめ、ハゲて見せる能力は別格!と言えるかもしれません。

 

スポーツ時は汗をかいたときにすぐに拭けるようにタオルを用意するなど対策をとりましょう。

 

また温泉やサウナなども注意!自分で思っている以上にハゲて見られているかもしれませんよ。

 

写真

画像

ふと写真を見ると「あれ、こんなにハゲて見えるの!?」とショックを受けた経験、ありませんか?

 

写真を撮る場所にもよりますが、明るいところで撮影すると普段以上にハゲて見えるものです。屋外での写真撮影はもちろん、室内でもフラッシュの影響でハゲて見えることもしばしば。

 

私たち人間の目はリアルタイムで映っているものを簡易的に処理できるようにフィルターをかけています。こうすることで脳への余計な負担を軽減しているんですね。

 

しかし写真を見るときは…そちらに意識を集中しているので「あーハゲてるね」と気づかれてしまうことも。

蛍光灯の光

画像

ご存知の通り、蛍光灯の光はとても明るく、眩しいものです。最近はLEDの蛍光灯が主流になってきて、以前よりもずっと明るい生活が送れるようになりました。

 

…が!この蛍光灯の光に注意!というのが、白い光で、しかも強力。そのため頭皮の白さが際立ってしまうというデメリットが。

 

普段は気にならない程度でも、蛍光灯の光のせいで髪の毛が薄くなっていることがバレる可能性は大いにありえます。

ワックスをつけるとハゲて見える?

画像

男のみだしなみのひとつ「ワックス」。女性と違ってメイクはしませんが、ワックスでばっちり髪型を決めてカッコイイオトコをアピールしたいところ。

 

 

しかし薄毛が進行している人がワックスをつけると…頭皮が透けて見える可能性が!また単純に毛量が少なく見られるかもしれません。

 

 

こんな人はハゲて見える!特徴をまとめてみた

ハゲて見える人の特徴は白髪やパーマ、坊主、前髪のボリュームなどなど

次はこんな人、ハゲて見えるという特徴について紹介していきたいと思います。思い当たる人は要注意!?

 

白髪

画像

早い人だと30代で既に白髪が出始めることもありますが、これはハゲて見える原因になってしまうので要注意!

 

ハゲて見えるか否か…は頭皮が見えるかどうかにかかってきます。一般的に髪の毛は黒。そして頭皮は白もしくは肌色。つまりこのコントラストが「ハゲて見える」わけですね。

 

全面白髪の人はぱっと見て「どこからハゲているのかな?」と見られてしまいます。髪の毛が黒い人よりも老けて見られるのもポイント。

 

白髪染めや白髪隠しできっちりカバーしていきたいところですね。

 

パーマ

画像

一般的にパーマは髪の毛全体にボリュームを持たせるのでハゲて見えづらい髪型だと言われています。

 

確かに、適度な毛量があればパーマは有効な手段!ですが、すでに薄毛がある程度進行していて、毛量が少ない人がパーマをあてていたら…地肌が見えてしまったり、とても薄く感じられるものです。

 

基本的にパーマは美容院や理髪店でかけてもらうものなので、担当スタッフに「ハゲて見えませんかね?」と相談してみると良いかもしれませんね!

 

坊主

画像

ハゲ隠しのテンプレートとも言える髪型「坊主」。極端に髪の長さが短い坊主にしてしまえば「どこがハゲているか分からないでしょ?」な状態を作ることができます。

 

しかしスキンヘッドに近い坊主は社会的に厳しい部分がありますし、分かる人が見れば「ああ、ハゲを隠したいから坊主にしているんだなぁ」となってしまうことも。

 

もちろんある程度抜け毛が進行している人は、坊主にしても丸分かりです。開き直って坊主にするのは悪くない選択かもしれませんが、難しいところ。

 

前髪

画像

前頭部から進行するタイプの薄毛は前髪がダイレクトに影響します。例えば、ちょっと分け目を作っただけで「あれぇ…おでこが全然隠れないぞ?」となります。

 

スカスカの前髪で、おでこも頭皮も透けて見える…のはカッコ悪いですし、ハゲて見える特徴と言えますよね。

 

前頭部からハゲている人は前髪対策も考える必要がありそうです。

 

ランキングボタン

頭皮が見える=髪の毛が細い&少ない証拠!ハゲの前兆として捉えよう!

頭皮が見えている人はこれからハゲる!?早めの対策が必須!

「鏡で自分の頭を見たときに、頭皮が見えている気がする…。もしかしてハゲに見えるんじゃ?」と心配になるかもしれません。そしてハッキリと言ってしまえば「頭皮が見えている=薄毛になっている」ということに!

 

今までは気付かなかった頭皮が見えるなら、ハゲはじめている!と考えるようにしたいところです。

 

初期の段階なら、髪型を工夫することである程度は隠せます。しかし、ちょっと髪型が崩れると頭皮が見えたり、今まで以上におでこが見えていたり…という状態なら早めに対策を取る必要があるでしょう。

 

髪の毛が細くなっている

髪の毛そのものが細くなれば、全体的にスカスカになってきます。そうなれば頭皮が見えるようになるのも納得。

 

薄毛は抜け毛が増えるパターンもありますが、同時に髪の毛が細く、弱くなっていくものです。以前よりも「あれ?こんなに髪の毛って細かったっけ?」と気づいたら危機感を持った方が良いかもしれません。

 

抜け毛の状態も確認してみよう

例えばシャンプーをしたときや、朝起きて枕を見たとき。「抜け毛がたくさんある!」と驚いたら…ハゲの前兆かもしれません。

 

もちろん普通の人でもある程度は髪の毛が抜けるもの。しかし頭皮が見え始めていて、かつ抜け毛が多く感じられるのなら。これからハゲ始める、というよりも既にハゲはじめていると考えるべき!

 

遺伝はアテにしても良い?

頭皮が見えるようになったけれど、遺伝的にハゲにはならないから大丈夫!という人もいます。どちらかと言えば逆パターンの方が多い気もしますが…。

 

確かに髪の毛と遺伝は強い関係があることが研究で分かっていますが、先天的な要素だけでなく後天的な要素…例えば食習慣や生活習慣、ストレス、タバコなどの嗜好品によってハゲるケースも。

 

なので遺伝的な部分をアテにしすぎると痛い目にあうかもしれません。いずれにせよ、頭皮が見える状態は他人からすれば「ハゲはじめている」と思われること。早めの対策が必要になります。

ハゲて見える原因は?そもそもどうしてハゲる?

ハゲの原因は遺伝的な要素、そして生活習慣が大きく関わっている

そもそもどうしてハゲが起こるのか…その原因を簡単になぞってみましょう!もちろんどれかひとつだけでなく、複合的に起こっているケースも。原因をしっかりと見極めることが重要!

 

遺伝的な原因

男性ホルモン

男性ホルモンの分泌量は個人差が大きいことで知られています。筋肉を強く・太くし、ヒゲや体毛を濃くする。要するに男性らしい肉体を作り上げます。しかし、髪の毛に関して言えばハゲの原因になってしまいます。

 

男性ホルモンは遺伝的な要素がとても強く、ハゲの家系は子供も男性ホルモンが強い傾向にあるんだとか。

 

生活習慣での原因

栄養不足

画像
髪の毛はタンパク質で構成されています。食事の栄養バランスが悪ければ、そもそも髪の毛の材料を補えないことに。そうなればハゲて当然と言えます。

 

また髪の毛を合成するためにビタミンやミネラルも必須。これらはよほど意識していないとすぐに不足してしまいがちです。

血行不良

画像
慢性的な運動不足がたたって、恒常的に血行が悪くなってしまうとハゲるリスクが高まると言われています。髪の毛に栄養を送るのも、合成する過程で生じた老廃物などを流すのも血液の役目。

 

十分な血流を確保しないことにはハゲの進行を食い止めるのは難しいと言われています。

 

頭皮の状態が悪い

画像
常に汗で蒸れていたり、頭皮の毛穴が汚れていたり、フケが大量に発生していたり、炎症が起こっていたり…と頭皮の状態が悪いと当然ハゲの原因になります。

 

フケくらいでは気にしない人も多く、気づいたらハゲがそこそこ進行していた!というケースも珍しくないので注意深く観察したいところです。

 

睡眠不足

画像
髪の毛が特に伸びるのは寝ている間。成長ホルモンが分泌され、細胞がどんどん生まれ変わるのが睡眠時です。

 

仕事や趣味に追われ、慢性的な睡眠不足に陥っていませんか?睡眠時間が短いほど、髪の毛の成長がストップします。

 

ストレス

画像
現代人と切っても切れないストレス。ストレスが溜まると自律神経が乱れ、血管が細くなり、皮脂の分泌量が増えて…とハゲる原因が次々と襲ってきます。

 

適度なストレスは人生にハリを与えてくれますが、慢性的なストレスは上手く回避したいところです。

ハゲ対策はどうする!?今すぐ実践できる対策方法まとめ

ハゲそう、ハゲて見える、もしかしたらハゲるかも!と思うなら今すぐ対策を!

ハゲる原因だけを羅列しましたが、これではただただ絶望的な気分になりますよね。ということで次はそれぞれの原因ごとの対策方法を紹介します。

 

遺伝的な原因への対策

男性ホルモン対策

一番難しい対策になるかもしれません。現状はプロペシア(有効成分フィナステリド)という医薬品で抑制するのが有効だと言われています。

 

しかしノコギリヤシなど男性ホルモン対策に効果があると言われる天然成分も次々と発見されているので、これらを上手く活用することが有効な対策方法と言えます。

今まで薄毛対策を行ってきたけど、イマイチ効果がないと感じている方は、育毛方法を見直す事も考えたほうがいいでしょう。

 

生活習慣での原因への対策

栄養不足対策

結局のところ「色々な食材を使った料理を美味しく食べること」が最大の対策に!コンビニ弁当や外食はたまには良いですが、毎日食べるのは考えもの。

 

もしも食事から栄養バランスを整えるのが難しいのなら、育毛サプリメントなどの活用も視野に入れてみましょう。

 

血行不良対策

適度に運動すること。そして頭皮マッサージが有効です!頭皮マッサージはシャンプー時や育毛剤使用時に実践するとより効果的。

 

指の腹を使って、頭皮が傷つかないように丁寧に実践しましょう!基本的に前頭部→頭頂部、側頭部→頭頂部、後頭部→頭頂部…と頭のてっぺんに向けてマッサージするのが良いと言われています。

頭皮の状態対策

丁寧にシャンプーすること、できれば頭皮に優しいスカルプシャンプーを選ぶことをオススメします。

 

また育毛剤の中には頭皮の状態を正常化させる成分が配合されているものもあるので、色々とチェックしてみましょう。

 

ストレス対策

できるだけストレスを感じない生活、回避できる生活を目指したいところです。しかし仕事や人間関係がストレスになっているなら、そう簡単な話ではないですよね。

 

自分なりのストレス発散方法を見つけて、上手くリフレッシュできるように探してみましょう。

 

ランキングボタン

 

ハゲて見えるとプールや海、夏フェスに行けない!?どう対策する?

画像

プール、海、夏フェスはハゲにとって鬼門?バレるのが嫌ならきちんと対策を立てよう!

ハゲが気になる人にとってイベントごとは参加しづらいものもありますよね。特に髪の毛が濡れるプールや海、汗で濡れる夏フェスは行きにくい、行けない!という人も多いかもしれません。

 

髪の毛が濡れることでハゲが分かりやすくなってしまいますし、これらのイベントは頭皮に良いとは言い難い…。

 

プールの塩素がハゲを促進させる!?

プールで髪の毛が濡れてハゲに見えるのでは…と心配することも大切ですが、プール自体があまり頭皮にはよくありません

 

基本的に大勢が入るものなので汚れが多いですし、消毒のための塩素は皮膚にとって刺激となってしまいます。

 

髪の毛を濡らさないようにプールを楽しむこともできなくはありませんが、あまり現実的ではないですよね。

 

プール後は丁寧にすすぎ、髪へのダメージをケアしてあげるように心がけましょう!

 

海の塩水は頭皮によくない!?

海もまたハゲにとってピンチなレジャーと言えるかもしれません。海もまた思っている以上に雑菌が多いですし、何より海に含まれている塩分が頭皮に良くありません。

 

こちらもやはり丁寧にすすぎ、汚れと塩を落とすように心がけたいところです。

 

夏フェスは帽子で乗り切る!

 

汗をたくさんかく夏フェス。楽しいひと時を堪能したいのにハゲに見られるのでは…と不安になってはもったいないですよね。

 

ということで、夏フェスに参加するなら帽子を上手く活用してみましょう!持っていない人でも物販でキャップが売られていると思うのでそれで十分だと思います。

 

ただし帽子を被りっぱなしでいると、汗で蒸れる、雑菌が繁殖する、といった頭皮に悪影響を与える原因にも。定期的に帽子を取って換気すること、チャンスがあれば汗を洗い流してスッキリとした状態を維持するように意識してみましょう。

ハゲは本人よりも彼女の方が先に気づいているかも?

画像

ハゲは彼女にバレている!?もしかして嫌われる!?

付き合い始めたばかりの頃はそうでもなかったけれど、だんだん髪の毛が薄くなってきた…。もしかすると彼女にバレているかもしれない!

 

こういった状況になると「嫌われちゃうかな?」と不安になるものです。確かに日本は、他の国々と比べてハゲへの風当たりが強い傾向にあります。ハゲは見た目にダイレクトな影響を与えるので彼女から「ハゲは嫌いだから」と一方的にフラれる可能性が無いとは言い切れません。

 

彼女の方が先に気づいているかも?

自分自身で「もしかしてハゲかけているのかな?」と気づくこともありますが、中には「他人に指摘されて初めて気がついた」という方もいらっしゃると思います。

 

前頭部からのハゲは自分で気づきやすいですが、頭頂部からのハゲは毎日鏡を見ていても案外気づかないですよね。

 

もしかすると、あなたは「まだハゲはバレていない!」と考えていたとしても、実は気づかれている可能性は大いにありえます!

 

なんでも気軽に話せる間柄なら「ハゲてきてるよ?」と言ってもらえるかもしれません。しかし「ハゲてることを言ったらかわいそうかも」とあえて言わない人だっているでしょう。

 

ハゲは嫌われる!?

これについては「人による」としかいいようがありません。中には「好きな人がハゲだっただけで、別に気にはしない」という人もいます。その一方で「ハゲだけは無理!」という人も。

 

とは言え、ほぼ全員に共通しているのは「ハゲよりは髪の毛があったほうが良い」ということ。やっぱりハゲは厳しい立場にあると言わざるを得ないかもしれませんね…。

 

清潔感のあるハゲを目指す!

もちろん育毛などで髪の毛が増えるに越したことはありませんが、一朝一夕で増えるわけがありません。早くても半年、あるいは数年単位で取り組む必要があります。

 

では彼女にバレているかもしれない、そして嫌われるのがイヤ!という人はどうすれば良いのでしょうか。

 

答えは清潔感のあるハゲを目指すことです。例えば俳優さんでも髪が少ないのにカッコイイ人はたくさんいますよね。髪型はもちろん、さっぱりとした清潔感があります。

 

女性の多くは「清潔感があればハゲていてもあまり気にならない」と考えているそうです。まずはどんな髪型が似合うのかチェックしてみては。

 

ランキングボタン

ハゲそうな髪質や髪型ってあるの?髪質はあまり関係が無いらしい?

ハゲそうな髪質は無いが髪型は可能性が!頭皮に負担をかける髪型は注意!

猫っ毛、くせっ毛、天然パーマ…。これらの髪質の人は「将来ハゲるよ」と言われたことがあるのではないでしょうか。逆にハリガネのように硬い髪質の人は「将来ハゲそうにないね」と言われたりもします。

 

果たして髪質とハゲには関係があるのでしょうか。

 

髪質は関係無い説が有力

昔は「ああだ、こうだ」と言われてきましたが、現代の見解では髪質とハゲの関連性は極めて低いが通説になっています。

 

全く関係がないわけでも無さそうですが、くせっ毛の人だろうと、天然パーマの人だろうとハゲる人はハゲるし、そうでない人はいくつになってもフサフサのまま。

 

髪質が変化したときは注意を!

生まれ持った髪質自体は特にハゲとは関係性はありませんが、年齢を重ねるごとに髪質が変化してきたときは注意しなくてはなりません。

 

例えば今までは太くて硬い髪質だったにも関わらず、気がついたら細く、柔らかい髪質になっていた…というケースが一番危ないです。

 

というのが、ハゲのサインのひとつに「髪のコシがなくなり、細く、少なくなる」というものがあるから。

 

そう考えると、誰もが将来的に薄毛になる可能性がある、と言えますよね。

 

髪型でハゲる!?

画像

さて、髪質とハゲの関係性の次は「髪型とハゲの関係性」についてお話します。

 

基本的にどんな髪型でもハゲに直結するわけではありません。しかし、分け目が常に一定だったり、ロン毛で髪を縛り続けていると頭皮が引っ張られ、血流が悪くなって局部的に薄毛が進行する場合があります。

 

もしも「若い頃からずーっと同じ髪型で、分け目も同じだよ!」という人がいたら、もしかするとハゲ始めているかもしれませんよ。

 

最も負担が小さい髪型は「坊主」。しかし社会人として働いていると、坊主はなかなか選択しづらいですよね。

 

分け目を頻繁に変えてみる、髪の毛はあまり縛ったりしない。これを意識するだけで随分と違ってくるはずです。

 

ランキングボタン

育毛剤にはハゲを予防する効果が本当にあるの?

育毛剤を使用すればハゲにくい頭皮環境を作り、薄毛予防効果が期待できる!

ハゲてみえる、ハゲそう、ハゲるかも…?薄毛や抜け毛にまつわる色々な話を紹介してきました。原因を理解し、対策を取ることが最も重要なことに間違いありませんが「何をすれば良いのか分からない!」と感じている人もいるかもしれません。

 

やはりここはスタンダードに育毛剤を活用することがオススメです。育毛剤にも色々なタイプがあり、商品ごとに特徴も変わってきます。しかし一概に言えるのは抜け毛を予防し、健やかな髪の毛を目指せる効果があることです。

 

育毛剤って効果はあるの?

これまでに育毛剤を使ったことのない人からすれば「本当に効くの?」と半信半疑なところがあるかもしれません。もしかすると、人によっては半分も信じておらず、疑いの方が大きいかもしれませんね。

 

育毛剤に効果があるのか、と言えば「ある」が答えになります。例えば血行促進作用のあるセンブリエキスを配合している育毛剤を使えば、頭皮の血流が改善されて髪の毛に栄養をたっぷりと与えられるようになります。

 

また年々新しい育毛成分が開発・採用されることで、新登場の育毛剤ほど高い効果が期待できるのも事実です。もちろん往年の育毛剤も数年に1度はリニューアルすることで効果を高めています。

 

抜け毛予防や頭皮環境の改善が目的

育毛剤を頭皮に塗布すれば、髪の毛がボーボーに生えてくる!と思っている人はそこまで多くないと思います。一昔前まではそう思われがちでしたが、本当にそんな効果があれば誰もハゲに悩む必要は無くなりますよね。

 

育毛剤は医薬品ではありません。医薬部外品や化粧品に分類されるものです。つまり即効性が期待できる商品では無い、と言えます。

 

「じゃあ使う意味は無いの?」いえいえ、そんなことはありません。抜け毛や薄毛の予防、頭皮環境の改善に効果的なんです。

 

まとめ:育毛剤は早いうちから使おう!

ということで、ハゲに関する様々な話をさせていただきましたが、いかがだったでしょうか。心当たりのある人からするとドキリとする内容もあったのではないでしょうか。

 

内容を読んでみて「もしかすると自分はハゲているのかも」「今は本格的にハゲていないけれど、着実に進行しているんだろうなぁ」と思った人こそ育毛剤を使い始めるベストなタイミングだと思います。

 

早いうちから使えば効果を実感しやすいですし、育毛剤はもちろん何の手入れもしていない周りの人達と将来差が出てきます。

 

モテたい、恥ずかしい思いをしたくない、単純に嫌…。色々な理由はあると思いますが、まずは育毛剤を試してみて、その効果を体験してみてはいかがでしょうか!

 

画像

画像

価格(送税込) 評価 容量
定期価格:12,000円(2本)
都度購入:7,400円
画像 120ml
チャップアップのおすすめポイント

「BEST育毛剤」を受賞した信頼できる育毛剤。幅広い年代から大人気!

チャップアップの公式ページはこちら

画像

画像

価格(送税込) 評価 容量
定期価格:初回5,980円
2回目以降11.664円
都度購入:16,200円
画像 120ml
BUBKA(ブブカ)おすすめポイント

32種類の様々な有効成分で効果に期待!初回は安心の全額返金保証!

ブブカの公式ページはこちら

画像

 

画像

価格(送税込) 評価 容量
定期価格:初回4,980円
2回目以降8,980円
都度購入:11,510円
画像 120ml
イクオスのおすすめポイント

驚きのスピードで効果を実感!リピート率97.5%の誰もが試したくなる育毛剤!

イクオスの公式ページはこちら

画像